トランスフォーマー  スタジオシリー

Prepared by Jeremy Barlow © Soundwave's Oblivion 2018

 

SS-01 バンブルビー (Bumblebee)
忠誠心と責任感を兼ね備え、同時に高い戦闘テクニックをもつオートボットの勇士。スピードを活かした敵への攻撃だけではなく、仲間の救出にも活躍する。スポーツカー「シボレーカマロ」に変形する。

SS-02 ディセプティコンスティンガー (Decepticon Stinger)
バンブルビーをモデルに作られた人造トランスフォーマー。戦闘能力はバンブルビーと同等か、それ以上か?赤いスポーツカーパガーニ・ウアイラに変形する。

SS-03 ディセプティコンクロウバー (Decepticon Crowbar)
ディセプティコンのスパイにして破壊工作員。追跡及び潜入のエキスパートで、オートボットの動向をメガトロンに報告する。昆虫のような角とドレッドヘアのような頭部が特徴。SUVタイプの、シボレー・サバーバンに変形する。

SS-04 ラチェット (Ratchet)
オートボットのベテラン軍医。命を救うことに身を捧げる彼の武器は、全て防衛と救助の2つの目的に対応できる。大型のハマーH2レスキュー車に変形する。

SS-05 オプティマスプライム (Optimus Prime)
オートボットの総司令官。強固なボディと類まれな正義感に仲間のオートボットから絶大な信頼を得ている。車体を彩るファイヤーパターンが特徴的なトラックに変形する。

SS-06 スタースクリーム (Starscream)
ディセプティコンのナンバー2にして、航空部隊の司令官。臆病者だが、その分ずる賢く油断がならない。戦術家としても優れており、空中戦では危険な存在。ジェット戦闘機F-22ラプターに変形する。

SS-07 グリムロック (Grimlock)
恐竜型トランスフォーマー、ダイノボットの最強の戦士にしてリーダー。恐竜モードでのパワーは凄まじく敵も一撃で噛み砕く。T-rexに変形する。

SS-08 ブラックアウト (Blackout)
戦士としての高い戦闘能力と、戦略家としての才を持った兵士。敵の動きを予測する能力に優れている。大型のヘリコプターMH-53ペイブ・ロウに変形する。

SS-09 オートボットジャズ (Autobot Jazz)
オートボットの将校。小柄な体ながらも、戦闘においてはオートボット戦士の中でもトップクラス。陽気な性格ながらも、冷静沈着で仲間からの信頼は厚い。ポンティアック・ソルスティスに変形する。

SS-10 ロックダウン (Lockdown)
宇宙の賞金稼ぎで狙った獲物は決して逃がさない。遠距離からの狙撃を得意とする。ランボルギーニ・アヴェンタドールLP-700-4クーペに変形する。

SS-11 メガトロン (Megatron)
ディセプティコンを率いる大帝。全宇宙の征服を果たすため、復活を果たした宿敵オプティマスプライムに決戦を挑む。エイリアンタンクに変形する。

SS-12 ブロウル (Brawl)
ディセプティコンの兵士で全身に大量の武器を纏い、圧倒的な火力でオートボット戦士たちを追い詰める。M1エイブラムス戦車に変形する。

SS-13 シャドウレイダー (Shadow Raider)
ロックダウン配下のバウンティハンター。ロックダウン同様にランボルギーニ・アヴェンタドールクーペに変形する。

SS-14 ラチェット (Ratchet)
サイバトロン星において並ぶ者のないオートボットの名医。鋭敏な頭脳を活用して兵器としても使用可能な医療器具を開発している。大型のハマーH2レスキュー車に変形する。

SS-15 アイアンハイド (Ironhide)
オプティマスの右腕で経験豊富な兵器のスペシャリスト。大きく強い兵器を求めて日々の研究に余念がない。GMCトップキックC4500に変形。

SS-16 バンブルビー (Bumblebee)
オプティマスの信頼が厚い若き戦士。厳しい責任感を持つと同時に陽気なユーモアを忘れない性格の持ち主。フォルクスワーゲン(ビートル)に変形する。

SS-17 ケイエスアイセントリー (KSI Sentry)
KSI製の人造トランスフォーマー。オートボットと死闘を繰り広ける。スティンガー同様パガーニ・ウアイラに変形する。

SS-18 スタースクリーム (Starscream)
ディセプティコンのナンバー2にして航空郞隊の司令官。空中戦を得意とする。リベンジ版のタトゥーを全身にリカラーしたF-22ラプターに変形する。

SS-19 WWII バンブルビー (WWII Bumblebee)
過去の世界大戦時に活躍したバンブルビーの姿。装甲車に偽装し、数多の戦場で活躍したようだが、公式の記録には残されていない。

SS-20 サイドスワイプ  (Sideswipe)
両腕に装備したブレードで敵を切り裂き、両手足のホイールを使用した高速移動攻撃を得意とするオートボットの戦士。シボレー・コルベット・スティングレイコンセプトコンバーチブルに変形する。

SS-21 ディセプティコンバリケード (Decepticon Barricade)
本来治安を守るはずのポリスカーに擬態する事で敵の目を欺き、追跡から暗殺まで悪事全般を楽しみながら行使するディセプティコンの追跡者。フォードサリーンポリスカーに変形する。

SS-22 ディセプティコンクランクケース (Decepticon Crankcase)
ディセプティコンの破壞工作員のひとり。チームを組んで敵を追跡・包囲してからの攻撃や、潜入作戦からの要撃を得意とする。SUVタイプの、シボレー・サバーバンに変形する。

SS-23 ラスティバンブルビー (Rusty Bumblebee)
錆びつき傷だらけのボディに身を隠したバンブルビーにとって、寂れた中古自動車屋での運命の少年との出会いが、新たな冒険のはじまりとなる。1974年式カマロに変形する。

SS-24 ボーンクラッシャー (Bonecrusher)
その巨体からは想像出来ない程の高速移動を可能にした調部のタイヤや、地雷処理用のアームを自由に操る攻撃を得意とする。地雷処理の特殊車両「バッファロー」に変形する。

SS-25 オプティマスプライム (Optimus Prime)
全ての生命体の自由を尊ぶオートボットのリーダー。人類の生命体としての権利を尊重しつつも、正義を守る戦い
の為には、あらゆる重要な決断も鋼鉄の意思で貫く。トレーラートラックに変形する。

SS-26 ジェットファイヤー (Jetfire)
永遠に続く戦争に嫌気が差し、ディセプティコンを抜け眠りについていた老戦士。オールスパークの力で目覚めた彼は、自分の命と引き換えにオプティマスプライムのパワーアップパーツとなる選択をする。SR-71ブラックバードに変形する。

SS-27 メガトロン (Megatron)
オプティマスプライムに破壊された頭部の傷を癒す間もなく、オートボットへの復讐を開始し、地球での隠密活動のためスキャニングしたタンカートラックだったが、メガトロンの凶素性までは隠す事は出来なかったようだ。

SS-28 ドロップキック (Dropkick)
バンブルビーの破壊を目論む追跡者。目的のためなら手段を選ばず、人類を脅迫しバンブルビーを探させる。相棒のシャッターと行動を共にする事が多いようだ。

SS-29 シャッター (Shatter)
ドロップキックを相棒に、地球でバンブルビーを追跡するディセプティコンのハンター。オートボットを抹殺するためには卑劣な手段も使う危険な奴だ。

SS-30 オプティマスプライム (Optimus Prime)
太古より戦争が続く惑星サイバトロンで、正義の軍団オートボットを率いる司令官。地球上ではトレーラートラックに擬態し身を隠しているが、仲間のピンチにはいつでも駆けつける頼れるリーダーだ。

SS-31 コグマン (Cogman)
コグマンは、トランスフォーマーの中ではヘッドマスタ ーと呼ばれる小型で特殊な種族である。普段はトランスフォーマーの秘密を知る英国貴族の執事を務めているが、そのパワーは大型のトランスフォーマーも凌駕する。アストンマーティンDB11タイプの自動車を操りヘッドオン合体する。

SS-32 ディセプティコンスクラップメタル (Decepticon Scrap Metal)
コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類され、8体のトランスフォーマーが合体して完成するデバステーターの左手を構成するパワーショベルに変形するディセプティコンの兵士。同形状の個体が複数体存在するらしく、仲間の中でも小型のスクラップメタルは、その存在を軽んじられる事が多いようだ。

SS-33 ディセプティコンランページ (Decepticon Rampage)
コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類され、8体のトランスフォーマーが合体して完成するデバステーターの左脚を構成するブルドーザーに変形するディセプティコンの兵士。色の異なる同形状の個体が複数体存在し、バンブルビーと激しい戦闘を繰り広げた。

SS-34 ディセプティコン ロングハウル (Decepticon Long Haul)
コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類され、8体のトランスフォーマーが合体して完成するデバステーターの右脚を構成する。ダンプトラックに変形するディセプティコンの兵士。同色の類似個体が複数存在する事が確認されており、その存在は人類とオートボットには脅威と言える。

SS-35 ケイエスアイボス (KSI Boss)
Kinetic Solutions Incorporated。略称KSIで開発された軍事用人造トランスフォーマー。ジェット戦闘機に変形するケイエスアイボスは、兵器として量産されており、香港での戦闘では多くの類似個体が確認されたが、その大半は破壊されてしまったと思われる。

SS-36 ドロップキック2 (Dropkick 2)
シャッターを相棒にオートボットの破壊を目論む追跡者。目的の為なら手段を眠わず人類を脅迫し、バンブルビーを探させる。血の気の多い荒くれ者で、考えるより先に手が出るタイプ。クライスラーAMCジャベリンに変形する。

SS-37 ディセプティコン ハイタワー (Decepticon Hightower)
コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類され、8体のトランスフォーマーが合体して完成する、デバステーターの左腕を構成する兵士。特異なロボット形態が印象的だが、自撃例は極めて少ない。

SS-38 スカイドリフト (Skydrift)
普段は車形態で地上を移動するが、高所からの移動や仲間の支援等には、ヘリコプターに変形して空中を移動する。日本刀のような形状の剣による二刀流が特徴の剣士である。

SS-39 ジェットウイング オプティマスプライム (Jetwing Optimus Prime)
地球人と共にディセプティコンと戦うオートボットのリーダー。牽引するトレーラーが展開しジェットウイングに、時としてオプティマス用の武器収納庫にも変形する。

SS-40 ニューバンブルビー (New Bumblebee)
ハリウッド映画第一作では旧い2代目のカマロで登場したが、オンボロと言われたことが原因で傷つきへそを曲げ、偶然通りかかった新型をスキャンする。今回はそのスキャンした5代目のカマロで登場、ロボットモードではバトルマスクを装着しプラズマキャノンを持っている。

SS-41 クロミア・アーシー・エリータ1 (Chromia, Arcee, Elita-1)
フィメールボットは勇敢である。小柄な彼女たちは地球のオートバイに擬態する。通常はホロドライバーと呼ばれる人間の姿のライダーを投影しているが、緊急時は投影乗車無しでも戦場へ駆けつける。その素早い動きに、大型のディセプティコンは、果たして翻弄されることになる。更なる強力な敵に対峙するときには合体して攻撃を行うこともできるが、彼女たちはその姿をあまり見せたがらないようだ。

SS-42 サウンドウェーブ with レーザービーク (Soundwave with Laserbeak)
情報参謀として地球の衛星をハッキングして諜報活動を行い、メガトロンの亡骸とオールスパークの場所を突き止めた。盗聴、逆探知、通信妨害を得意とする。部下のレーザービークとともに登場。メルセデスベンツ・SLS AMGに変形する。

SS-43 ディセプティコンミックスマスター (Decepticon Mixmaster)
コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類され、8体のトランスフォーマーが合体して完成するデバステーターの頭部を構成する兵士。マックトラック社製のミキサー車に変形する。

SS-44 WWII ホットロッド (WWII Hot Rod)
過去の大戦時に活躍したホットロッド。時にバンブルビーと共に行動していた時もあるようだが、装甲車の姿をしたビークルモードが、バンブルビーの当時のビークルモードに似ていたため、二人が誤解されることもあったようだ。そしてその多くは公式記録には残されていない。

SS-45 ショックウェーブ (Shockwave)
映画3作目に登場したショックウェーブが、スケールを合わせたウィーリーとブレインズと共に登場。ビークルモードはエイリアンタンクに変形、劇中でビル から降下攻撃する姿を再現したNEST隊員が付属している。

SS-46 メガトロン (Megatron)
ディセプティコンのリーダーメガトロンは北極で氷漬けで発見され、長い間人類によって冷凍拘束管理されていたが、仲間の活躍により復活、宿敵であるオプティマスプライムと激しい戦闘を繰り広げた。地球のビークルをスキャニングしていないメガトロンはサイバトロン星モードのエイリアンジェットに変形する。

SS-47 ディセプティコンスカベンジャー (Decepticon Scavenger)
コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類され、8体のトランスフォーマーが合体して完成するデバステーターの胴体 の一部を構成する、大型ショベルカーに変形するディセプティコンの兵士。同型の個体は世界各地で発見されているが、オートボットと人類の協力によってそのほとんどが破壊されている。

SS-48 オフロードバンブルビー (Offroad Bumblebee)
惑星サイバトロンではB-127と呼ばれていたバンブルビー。オプティマスの命によりオートボット勢立て直しの為に地球へ到着し、初めてスキャンしたウィリス社製ジープに変形する。米軍の演習場に飛来した為米兵と対時、その後追手のブリッツウィングと戦う事となる。

SS-49 センチネルプライム (Sentinel Prime)
オートボットの偉大なるリーダー、オプティマスの先代のプライムである。ローゼンバウアー社製パンサー(化学消防車)に変形する。人類を支配利用しサイバトロン星を復興させようと、彼が発明し所持していたスペースブリッジを起動させようと試みる。

SS-50 ロードバスター (Roadbuster)
オートボットの特殊部隊、レッカーズの攻撃指揮官。肩口にミサイルランチャーを装備している。ナスカー仕様のシボレー・インパラに変形する。映画本編に登場するバトルビークルモードを再現している。

SS-51 ディセプティコンスクラッパー (Decepticon Scrapper)
コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類され、8体のトランスフォーマーが合体して完成するデバステーターの右腕を構成し、大型ホイールローダーに変形するディセプティコンの兵士。オートボットと人類の協力によってそのほとんどが破壊されているが、同型の個体はまだ何処かに潜んでいる可能性がある。

SS-52 シャッター2 (Shatter 2)
新たに戦闘機をスキャニングし、空からもオートボットを狙うディセプティコンの追跡者。格闘術を得意とし、強烈なパンチやキックでバンブルビーを追い詰めた。VTOLタイプのジェット戦闘機に変形する。

SS-53 クリフジャンパー (Cliffjumper)
クリフジャンパーは勇敢な戦闘員だ。サイバトロン星を脱出した彼は地球での合流を目指して旅していた。ディセプティコンの追跡者に捕まり尋問を受けるが、最後まで抵抗し決して口を割ることはなかった。サイバトロン星では赤いボディのSFカー変形する。

SS-54 ディセプティコン オーバーロード (Decepticon Overload)
コンストラクティコンと呼ばれる種族に分類される。8体のトランスフォーマーが合体して完成するデバステーターの腰部を構成し、大型の特殊ダンプトラックに変形するディセプティコンの兵士。合体時の要の部分を構成するが、ロボット形態での目撃例は極めて少なく謎の多い兵士だ。

SS-55 サウンドウェーブ (Soundwave)
高度な情報処理能力持ち、ハッキング能力に優れたディセプティコンの兵士。アメリカの人工衛星と融合してハッキングした情報を地上の仲間に送信して作戦行動を補佐する。インターネット回線をハッキングする事で地球上の全ての情報を収集する事が可能だ。衛星軌道上からの監視作戦に終始していたために、地上でのロボットモードでの行動を確認した者はいない。

SS-56 オートボットトップスピン (Autobot Topspin)
オートボットの特殊部隊レッカーズの破壊員。兵器製作のスペシャリストで、レッカーズが装備している銃火器開発整備を担当している。ビークルモードはナスカー仕様のシボレー・インパラに変形するが、人類に正体がばれる事を恐れない彼らは、いつでも戦闘が出来るバトルビークルモードでいる事が多いようだ。

SS-57 ブリッツウイング (Blitzwing)
サイバトロン星から脱出したオートボットを追って地球に飛来したディセプティコンの兵士。地球に到着したバンブルビーを襲撃し、その卑劣 な攻撃で音声機能を破壊するが、自らのミサイルを胸部にねじ込まれ爆砕する事となる。ジェット戦闘機に変形する。トリプルチェンジャーであるとも言われているが、地球では第3の形態は確認されていない。

SS-58 レッドフット (Leadfoot)
オートボットの特殊部隊レッカーズの戦略家。個性派集団レッカーズのなかでも、その荒々しい性格と独特な体型とは別にメカニックとしての技能が高く、オートボットの宇宙船ザンディウムの整備や打ち上げ管理といった技術者としての腕前も確かだ。ナスカー仕様のシボレー・インパラに変形し武装モードで戦闘に参加する。

SS-59 オートボットジャズ (Autobot Jazz)
レーシングカー仕様のスーパーカーから変形する。特殊なスピーカーを内蔵し、音激による攻撃を得意とする。サイバトロン星の衛星ムーンベースで人間の協力者スパイクと基地の防衛任務に就いていたが、ユニクロンの急襲により衛星は破壊、囚われてしまう。

SS-60 ホットロッド (Hot Rod)
オートボットの若き戦士。スーパーカーに変形する。地球で地球人の子供ダニエルと束の間の平和を楽しんでいたが、基地へのディセプティコンの攻撃により運命の歯車は急加速してゆく。オートボットの叡智の結晶「マトリクス」の導きにより、多くの冒険が彼を新たなリーダーとして成長させる事となる。

SS-61 カップ (Kup)
オートボットの老兵。ピックアップトラックに変形する。幾多の戦場での経験を語り継ぐベテラン戦士だが、残念ながら、その冒険談を聞いてくれる仲間は少ないようだ。ディセプティコンの攻撃から脱出したホットロッドと共に行動し、ピンチを潜り抜けて行く。

SS-62 スカージ (Scourge)
破壊大帝ガルバトロンの親衛隊スウィープスのリーダー。ホバークラフト型UFOに変形する。ユニクロンによって強化改造され誕生した無慈悲で執念深いハンター。傲慢かつ好戦的である為、部下達からあまり信頼されていない。レーザーブラスターを携行する。

SS-63 オートボットブラー (Autobot Blurr)
オートボットの情報員。スーパーカーに変形する。メッセンジャーとして高速で駆け回り、早口でしゃべるのが特徴の戦士。その動きが速すぎて、残像が見えるかのようである。陽気な性格だが、ネガティブな部分もあり最悪の結果を口にすることもある。

SS-64 グリムロック&ウィーリー (Grimlock & Wheelie)
グリムロックはダイノボットのリーダー。ティラノサウルスに変形する。冷酷非情、融通が利かず傲慢で力こそが全てと信じて疑っておらず、自分が世界最強のロボット、恐竜こそが最強の生物と思っている。ウィーリーはあらゆるところで生き延びる術を学んだサバイバリスト。小柄で生意気な性格、パチンコを武器として使用する。グリムロックと共に行動し、ダイノボット達とは良き友人である。

SS-65 B-127 バンブルビー (B-127 Bumblebee)
地球の乗り物にスキャンする前の姿で、黄色い姿のSFカーに変形する。ボンネットに武器を収納しており、ビークルモードでも攻撃が可能。オプティマスの指令によりサイバトロン星を脱出し、地球に向かう事になる。

SS-66 オートボットディーノ (Autobot Dino)
映画3作目から登場しているオートボットの戦士。赤いボディのスポーツカーからロボットに変形する。武器は両腕についたブレード。

SS-67 スタースクリーム (Starscream)
映画「バンブルビー」中、サイバトロン星でのシーンにてその姿が確認されているスタースクリームを商品化。シルエットが特徴的なサイバトロンジェットに変形。ブラスターが付属 。

SS-68 バンブルビー (Bumblebee)
映画「トランスフォーマー/リベンジ」に登場したシボレー・カマロに変形するオートボットの戦士。NESTには加わらず、サムの愛車として生活している。ロボットモードではバトルマスクを装着し、ディセプティコンのランページを撃破した。

SS-69 レックガー (Wreck-Gar)
ガラクタ惑星ジャンキオンに住み、全員がオートバイにトランスフォームする超ロボット生命体であるジャンキオン族のリーダー。当初はサイバトロンに襲い掛かるが、後に和解しユニクロン打倒に手を貸す。

SS-70 ノー (Gnaw)
クインテッサ星人の下僕で、サメ型モンスターに変形する死刑執行人。クインテッサ星人が、捕らえた異星人に対し疑似裁判を行い、一律に無罪判決を下してはプールに落とし餌として与えていた。ロディマス達も同様の判決を受けるが、何とかプールから脱出し、群がるノー達と戦闘になった。

SS-71 スラッグ&ダニエル ウィトウィッキー (Slug & Daniel Witwicky)
スラッグはダイノボットの火炎戦士でチームのサブリーダー的存在。トリケラトプスに変形する。口から炎を吐き、角からビームを発射、さらに襟飾りはビーム攻撃を反射する盾にもなる。ダニエル・ウィトウィッキーは、オートボット達と一緒に戦う地球人の少年で、宇宙ではカーモードに変形できるエクセルスーツを着て行動する。

SS-73 スラスト (Thrust)
映画6作目『バンブルビー』のサイバトロン星でのシーンに登場するディセプティコンのスラストを商品化。シルエットが特徴的なサイバトロンジェットに変形。武器(ブラスター)が付属。

SS-74 ジョルト (Jolt)
映画2作目『トランスフォーマー/リベンジ』に登場。ロボットモードからシボレー・ボルトのビークルモードに変形。劇中ではオプティマスプライムとジェットファイアーの合体を支援。武器(エレクトロウィップ)が付属。

SS-75 パーセプター (Perceptor)
オートボットの科学者兼発明家で、ロボットモードから顕微鏡モードに変形します。さらにビークルモード(タンク)に変形することが出来ます。付属の武器を取り付ける事が出来ます。

SS-76 スタースクリーム新破壊大帝 (New Emperor of Destruction Starscream)
劇中の戴冠式(たいかんしき)シーンが再現できるスタースクリームが登場!王冠、マント、肩アーマーを身に着ける事ができます。また、マントを外した状態で付属の玉座に座らせる事も出来ます。スタースクリーム本体はロボットモードからビークルモード(戦闘機)に変形し付属の武器を取り付ける事が出来ます。

SS-77 サイドスワイプ (Sideswipe)
オートボットの戦闘員で、ロボットモードからビークルモード(シボレー・コルベットスティングレイコンセプトカー)に変形!付属の武器を取り付ける事が出来ます。

SS-78 ラヴィッジ (Ravage)
ロボットモード(ジャガー)から収納形態に変形!付属の武器を取り付ける事が出来ます。収納形態で別売りの「SS-81サウンドウェーブ」に格納する事が出来ます。

SS-79 ショックウェーブ (Shockwave)
ディセプティコンの防衛参謀。ロボットモードからビークルモード(SFタンク)に変形!付属の武器を取り付ける事が出来ます。

SS-80 ラチェット (Ratchet)
映画6作目「バンブルビー」に登場したオートボットの看護員。SFビークルに変形する。普段は温和な性格で仲間の救動やメンテナンスを仕事としているが、戦場においては仲間のためなら最前線でその精密な手前で攻撃に参加する事も厭わない。

SS-81 サウンドウェーブ (Soundwave)
映画6作目「バンブルビー」に登場したディセプティコンの幹部。SFビークルに変形する。メガトロン不在時にはディセプティコンのリーダーとして軍団を統率し戦闘を指揮する事もある。胸部に「ラヴィッジ」を格納し、射出連携攻撃を行う。(格納可能な「SS-78ラヴィッジ」は別売りです)

SS-82 ディセプティコンスウィープ (Decepticon Sweep)

SS-83 ブローン (Brawn)

SS-84 ホイルジャック (Wheeljack)

SS-85 エクセルスーツ スパイクウィトウィッキー (Exo Suit Spike Witwicky)

SS-86 アーシー (Arcee)

SS-87 アイアンハイド (Ironhide)

SS-88 ジャンクヒープ (Junk Heap)

SS-89 スラージ (Sludge)

SS-90 バンブルビー (Bumblebee)

SS-91 サイドウェイズ (Sideways)

SS-92 アーシー (Arcee)

SS-EX 1967 ラスティバンブルビー (1967 Rusty Bumblebee)
1987年当時、バンブルビーがカリフォルニアの小さな田舎町に身を潜めていた頃の「はじまり」の姿を汚し塗装で再現!勇敢だがやんちゃな一面も持つバンブルビーと一人の少女との、地球を守る戦いが今始まる!1967年式フォルクスワーゲン(ビートル)に変形する。

SS-EX オートボットドリフトwithミニダイノボッツ (Autobot Drift with Mini Dinobots)
オートボットの侍戦士としてオプティマスに忠誠を尽くす。侍の知く常に修行に励み鍛錬を意らない。ミニダイノボッツによりその集中力を切らすこともしばしば。メルセデスベンツAMG GT-Rに変形する。

SoundwavesOblivion.com
  
Back to Top
   SoundwavesOblivion.com; The Transformers and all its subsidiaries is a registered trademark of Hasbro and Takara Tomy
Back
Transformers Studio Series
Translated Tech Specs